スポンサードリンク

2009年08月28日

日常生活が退屈

強くなることによってマイナス面もありました。

「リングの上に比べると世の中はあまりに退屈だ」

これは、昔の有名なボクサーが言っていたセリフだそうですが、彼と同じように感じるようになってしまった事です。

たとえ自分自身がやくざに襲われても怖くないし、(あくまで自分だけの話であって、自分の家族や友人がやくざとかに不良に襲われたら怖いとか、そういう気持ちはあります)自分に勝てるのは他のプロの格闘家だけという事実が日常生活を退屈にさせます。

しかし、今は生徒に教える事、生徒が成長する事に強い楽しみを持てるようになれました。本当にひ弱だった私がこんな自信家になれました。

相手がどんな権力でも、嫌なものは嫌というようになりました。
暴力が怖くて、避けていたことがたくさんあったのですが、できるだけ「やりたい事だけ」をやるようになりました。
それでいて周りからは「優しくなったね」と言われます。


→ スグに使える護身術の詳細はこちら
posted by けんかの鬼 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンカが強くなる方法

自分に自信が持てるようになります

私の学生時代のあだ名は『白ブタ』や『トマト』でした。
太っていて色白で、赤面症のだったので人前に出ると顔がすぐ赤くなるからです。

でも、私はヒクソン・グレーシーから護身術を教わってから私の外見も内面も大きく変わりました。


対人関係が大きく変わりました。



怖がるものがなくなり、かといって横柄になったというわけではなく、むしろ性格は穏やかになったと自分では思っています。

見た目がどんなに怖い人に出会っても、『恐い』と思わなくなりました。

さらにおもしろいのは、今までかわいい女の子や自分のタイプの女性に会ったら、ドキドキして目を合わせられなかったのですが、肉体的に強くなってからは、どんなかわいい女の子にもある意味何も感じなくなりました。普通に楽しく喋れます。

そして、確実に女の子にモテるようになりました。
腹筋が割れていて、姿勢が良くなったという外観的な一面もあるとは思います。しかし一番の理由は『自信』というものが口に出さなくても相手に伝わるものだと思います。

世の中には様々な恋愛テクニックがありますが、『自信』に勝るものはないと私は思っています。自分に自信があると女性は勝手に寄ってきます。

強いオスライオンにメスが群がるのと同じ原理だと思います。

そして、私の悩みだった赤面症もいつの間にか治りました。


→ スグに使える護身術の詳細はこちら
posted by けんかの鬼 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンカが強くなる方法